ちび怪獣と大怪獣

子育てしてても男並に仕事がしたい母のお仕事事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作詞作曲

いつのころからか、ちび怪獣が歌らしきものを口ずさむようになっていました。最初の頃は、まったく意味不明の曲だし、そのとき一回きりっていうのがほとんど。でもつい3週間ほど前くらいから、何度も何度もはっきりと歌う歌ができました。それは・・・

「アンパンマン、アンパンマン、フッ、フン、フ~」

というもの。なんだか機嫌のいいとき(まあ、通常鼻歌っていうのは、気分のいい時にでるものだけど)、よく歌っている。けど、アンパンマンの主題歌でもエンディングでもなく、保育所でもそんな歌は教えてないって言われるし。いったい、何の歌だあ?

まあ、ちび怪獣作詞、作曲ってやつのようだ。
簡単な歌なので、私も大怪獣も一緒に歌っている。
楽しくなってくる歌だなー。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/29(月) 12:54:29|
  2. 育児な日々ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ばあちゃん

実家のばあちゃんが死にました。92歳でした。

お葬式に出るため、夕方の飛行機を予約して、午前中会社に行って、休み中の業務を引継ぎして、大怪獣とちび怪獣と一緒に帰省した。

御棺に入れられたばあちゃんは小さく眠っていた。口元は笑っているようにも見えた。ちび怪獣にも見せた。「ばあちゃん、ねんねだね」と言うと、「うん、ばあちゃん、ねんね」と言って何度も見ていた。

翌日、葬儀が行われ、サクサク(?)と滞りなく進んでいった。葬儀で、女性司会者の方が、ばあちゃんが生まれてからのことを語るとき、ばあちゃんの顔が思い出されて涙が溢れそうになった。うちは父母共働きだったので、小さい頃はばあちゃんと過ごすことが多かった。いろいろな思い出がある。でもこの”お葬式”というイベントは、それを思い出させないほど、サクサクと進んでいった。あえて思い出さないように自分でしていたのかもしれない。唯一、女性司会者だけが、思い出させようとした。ばあちゃんが骨になってしまっても、思い出さないようにしていた。そして自分の家に帰って来るまで思い出さないようにした。

自分の家に帰って来て「ああ、ばあちゃんは、もうこの世には存在しないんだ」としみじみ感じて、涙が溢れた。

ちび怪獣を産んで育てている最中での、ばあちゃんの死は、”新しい命は生まれ、老いた命は消えていく”時の流れを感じさせる出来事でした。
  1. 2006/05/23(火) 12:54:28|
  2. 母ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲惨なGW

大型連休もあっというまに過ぎてしまった。ちび怪獣が生まれる前は、GWは決まって沖縄旅行していた。体験ダイビングもやって、そろそろCカードでも取ろうかーと考えていたら、ちび怪獣が生まれたので、しばらくお預け状態だった。今年はちび怪獣も2歳。沖縄行きましょう!

やっぱり離島!2ヶ月前から予約して、GW開始日から旅行開始!が・・・
GW開始3日前、ちび怪獣、鼻水・・・風邪だ!そのうち、休み前業務詰め込み型会社に勤める母も、疲労でのど痛い・・・もっと余裕のある旅行計画にしとけば良かったんだよ。代金も振り込んでるし、ちび怪獣は元気だし、でGO!!

離島は雨。次の日晴れたけど、風は強い。宿で寝てたら良かったんだけど、ちび怪獣は元気なので、泳いじゃったよ。これがいけなかった・・・次の日から頭クラクラ、鼻水じゅるじゅる。宿で寝てるしかない。ちび怪獣と大怪獣は元気だけど、雨・・・

そんなこんなで母は旅行中と、家に帰ってからも休み中ずっと風邪。なんか中耳炎にもなりかけてたみたいで、未だ病院通い。はあ~

ちび怪獣の『初海水浴』は思ったより喜んでた。ライフジャケットを着せて海でフワフワさせていたんだけど、自分から頭つっこんだり、手足伸ばして浮かんだりとキャアキャア言いながら楽しんでた。これは良かった良かった。また夏になったら、海に行こうね。
  1. 2006/05/12(金) 08:56:46|
  2. おでかけネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。