ちび怪獣と大怪獣

子育てしてても男並に仕事がしたい母のお仕事事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発表会

先日、保育園で一年間の集大成というべき『生活発表会』があった。クラス皆で練習した踊りや歌や演奏を、保護者に観てもらう会なわけだ。

大怪獣はその日スキーに行く予定になっていたので、母ひとりで、ちび怪獣の晴れ舞台を観に行ったのさ。

一週間前くらいから練習の模様を保育士さんから聞いていたので、だいたい分かっていたけれど、ちび怪獣は舞台への入場の時は保育士さんに抱っこされて入場(皆はちゃんと手を繋いで歩いて入場)。舞台中央に下ろされて以降、立ち尽くしたまま一歩も動きませんでした。皆は曲に合わせて歩いたり、保育士さんの掛け声で飛んだり跳ねたりするんだけど、ちび怪獣だけは全く動きませんでした。

保護者席を見て、「バン、バン」と手を鉄砲にして打ったり、母と目が合うと、ニタッと笑ったりはしましたが、一切保育士の言うことは聞いていませんでした。

隣に座ってたお友達のお母さんも「○○ちゃん、ずっと立ったまま動かなかったね」って小声で言ってました。

あ~、ちび怪獣よ、何が嫌なのだ?まあ、やりたくないなら、やりたくないで、それを主張し続けられたら君は偉いよ。周りに流されない子供になってくれたら母は嬉しいよ。今だけの主張に終わらないで、頑張ってよ。母は頑固な君を応援するよ。来年の発表会が今から楽しみだ・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/01/29(月) 12:36:54|
  2. 保育園ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子は親の鏡だ~

先日受けましたよ、ちび怪獣の心理相談。どれほどの能力があるのかは知らないけど、子供の心理について専門的に学んだ方なのでしょう、母よりちょっと若いかな?ってくらいのお姉さんが待っておられました。

家での様子、困っていることなど、二人で話しをした後、ちび怪獣が保育士さんに連れられて来ました。思いがけず母が居たことと、自分に話しかけてくれる若いお姉さんの出現に、ちび怪獣は嬉しさ100%です。
お姉さんはまず、ちび怪獣に小さな赤い積み木を10個ほど渡して、高い高いして!と言いました。ちび怪獣は素早く、ひとつひとつ積み上げて高くしていきましたが、一個失敗すると、全部バラバラと壊してしまいます。3,4回繰り返されました。次はその赤い積み木4個で、お姉さんがトラックを作りました。ちび怪獣にも4個の積み木が渡され、同じの作ってと言われました。ちび怪獣は最初悩んでいましたが、意味が分かると、すぐに作れました。次は3個の積み木で山です。真ん中がトンネルのように開いた山。トンネルを開けることにちょっと苦労しましたが、作れました。
次は、ちび怪獣にいろんな形の図形が描かれたシートを渡して、お姉さんが、そのどれかひとつの図形と同じ図形が描かれたカードを見せ、同じのはどれ?って聞く遊びです。これは完璧でした。パターン認識はちび怪獣の得意中の得意です。
車の形状や会社名のロゴマークは頭に入ってるらしく、色や大きさは違っても、「母さんの車」「父さんの車」「ばあちゃんの車」「子ちゃん(妹)の車」と、走っている車を見て言います。ばあちゃんの車は三菱ですが、三菱製のDVDについてるロゴを見て、「ばあちゃんの車!」と叫んでいました。

話が逸れました。次に絵が描かれたカードを見せて「何?」とお姉さんが聞いてきました。チューリップの花だったので「はな!」、はさみの絵だったので「はさみ!」鉛筆の絵だったので「ボールペン!」(うちではボールペンばっかり使ってるからね・・・)靴の絵では「くつ!」鯉(?)の絵では「さかな!」とほぼ完璧。

あと、何種類かテスト(?)があったけど、書くのめんどい。

結論として、「充分能力はあります。ただ、気が散りやすく(テスト中も壁の絵が気になったり、お姉さんのかばんの中の他のおもちゃが気になったりしてた)、集中して遊ぶことができていません。それで、保育所でも、お友達が遊んでいるおもちゃが目に入ったら、別に欲しいわけでもなく、ぐちゃぐちゃとかき混ぜに行ってると思われます。土日だけでいいので、お父さんお母さんが一緒に遊んであげて、創造性、発展性のある遊びをしてあげてください。そして、遊びは遊んだおもちゃを片付ける等して、ひとつひとつ終わらせてください。」など、いろいろ言われてしまったよ。なんとも納得できる御指示でした。

家で大怪獣にも話すと、「あ~、僕と一緒だ。仕事はどれも中途半端なんだよな。ひとつひとつ片付けるってのが出来ないんだ・・・」だって。子は親の鏡ってことね・・・
  1. 2007/01/23(火) 12:34:32|
  2. 保育園ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悩んでる?

今度保育園で、子供の心理相談(役所の専門家らしい)みたいなことを受けることになった。

ちび怪獣は、以前書いたように、ちょっと乱暴な面があって、お友達の遊んでるおもちゃを突然踏み付けたり、小さな子がやっと立って歩いてるのにわざとぶつかって倒したりするところがある。それから、やってほしくないこと(テーブルの上の物を落としたり、おもちゃを投げたり、危険なことだったり)を「しちゃダメ」と言うと、わざとやったりする。または、目をつぶって聞かない振りしたり、ふんぞり返って床に寝そべってダダこねたりする。

そんなことが保育園でもあるらしく、保育士の方々も多分困っているんだろうな・・・今回の心理相談を是非、是非、是非受けてください的に薦められてしまった。「お母さんも悩んでおられうように~」って言われたときは、いや、特に悩んではないですが。と思ったが、まあ、ありきたりのことを言われるかもしれないけど、試しに受けようかってことになった(仕事が結構立て込んでるんだけどね・・・)。

確かに上記のようなことがひどいと、ちび怪獣の育て方間違ったかな~?と思ったりもするけど、もう少し理屈の分かる歳になれば分かってくれるんじゃないか(楽観すぎ?)と思ってて、このこと意外を除けば、ちび怪獣はもう数も数えられる(3までね)し、難しいパズルも出来るし、はさみも使えるし、父母の会社も言えるし、元気だし、走るの早いし、知らない人にも挨拶できるし。もう数え切れないくらい良いところが挙げられる。

ま、心理相談は明後日なので、また後日アップします。
  1. 2007/01/17(水) 12:36:02|
  2. 保育園ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あけましておめでとうございます

今日が仕事始め。お正月は実家の福岡で過ごしました。行きも帰りも飛行機を使ったのですが、「飛行機に乗るよ。」と言うと、意外に素直にお手手つないで歩いてくれました。行きの関西空港でチケット購入時に手を離した隙に居なくなったときは、やばいと思ったけど、暫く待ってたら戻ってきました。

帰りの福岡空港では、お土産を買っていると、そこにJALの飛行機やトラックのミニカーがセットになったおもちゃを見つけ離れません。1500円くらいするものだったので、ダメだと言うと、ひっくり返って死んだふりを始めました。とにかく泣き叫ぶちび怪獣を抱えて、搭乗口へ向かうと、既に搭乗中だったので、「あ、飛行機行っちゃうよ」というと、さっきまでのことはケロリと忘れて走り出しました・・・(まったく鶏の頭だね)

実家にいる間は大好きなバンバンカー(脚で蹴って進む子供の乗り物)に乗って、ひたすら走っていました。みんなに、じっとしてないね。よくしゃべるね。言うこと聞かないね。わがままな王子様やね。といろいろ言われましたが、ちび怪獣はちび怪獣の道をひたすら走っています。今年も多分変わらないでしょうが、母共々よろしくお願い致します。
  1. 2007/01/09(火) 12:34:59|
  2. 育児な日々ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。