ちび怪獣と大怪獣

子育てしてても男並に仕事がしたい母のお仕事事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「うなぎの匂いがする~」

保育園からの帰り。
車で家の前まで帰ってきた。
ちび怪獣は冬でも車窓全開。(寒いって言ってるでしょ!と言っても無駄)

家は行き止まりの道の突き当たり。
周囲をぐるっと家に囲まれ、会話や騒音は響く響く。

そんなところで、ちび怪獣は車窓から顔を出し、
「うなぎの匂いがするぅ~!」と大声で。
そして到着した車のパワーウインドウを閉めた。

それは夕食時。どこかのおうちで、うなぎを温めておられたのかも・・・
よそ様の夕食に、そんなに反応するのも、どうよという思いが
母の脳裏に。恥ずかしいので、
「そんな大きな声で言ったらダメ。そういうことは小さな声でね。」
すると、ちび怪獣、閉めた窓を再び全開にすると小声で
「うなぎの匂いがする」と。

いや、窓開けなくていいし。母、脱力。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/21(日) 13:30:36|
  2. 育児な日々ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

謙虚に、誠実に

考えて考えて考えてる。

知人が自分の上司にかけあってくれた部門(大怪獣と一緒に暮らせる)と
部長が探してくれた部門(ちび怪獣と二人で単身赴任)と
どちらかに行かせてもらえるかもしれない。
あとは私の意思確認。

いろんな条件を考えると、いろいろありすぎて整理できない。
自分が後悔しない進路を選びたい。

ううん、選べるのではない。私が選んでもらえるような人間に
ならなければいけない。知人も部長も私を心配して、懸命に探してくれた
んだから。どちらに進んでも良かったと思える仕事をしないといけない。

私は今のグループで仕事ができない人間だ。
やりたい仕事なんて選べる立場ではない。
でも決めないといけない。謙虚に、誠実に、の気持ちを忘れずに。
  1. 2010/03/21(日) 12:18:23|
  2. 仕事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

副題変更

最近、ブログ内容が子育てより、母ネタ(しかも仕事ネタ)が多くなっていました。

ちび怪獣ももうすぐ6歳。
まだまだ育児は続きますが、母の脳内は「育児してるけど働きたい」
思いで溢れそうなのです。そんなこんなで、きっと育児ネタより、
「育児してても働きたいんじゃ!」ネタが書きたくなりそうな予感です。
それに、世の中には、私のような思いを持っている働くお母さんが
多いのではないかと思い、副題を変更しました。
これからは、路線をちょっと変えて書いていこうと思います。


このたび、私は今の部門から全然知らない部門への異動を希望しました。
全然知らないとは言え、同じ会社なので社風っていうか全社で共通の
認識とか、そういうのはどこ行っても変わらないだろう。ただ、
各部門をあずかる偉い人の考え方ひとつで、その部門の方針が全然
違うことになったり、古くからある部門は、もうおじちゃん達のサークル化
(by yokopiさん)してたりして、部門毎に雰囲気はかなり違う(らしい)。
私もこれまで他の部門に変わったことはなかったので、変わったことの
ある友達情報です。

この「他部門への異動」ってどうでしょう?
小さな会社だったら”転職”並のことですよね?
「転職」って、今の会社がいやだから、どこか自分にあった職場はないかなー?
って気分でやったら絶対いけないですよね?今の私はその状態!?
今の業務が嫌だ、嫌だってさんざん書いていたから、そう理解されても仕方ないです。
実際、私に現状を変える能力が無かったのですから・・・
その能力があったら、転勤なんて当たり前。
ちび怪獣連れて日本中、単身赴任してバリバリ働いてるよ、って気分だ。
異動の理由「ちび怪獣が小学校に上がる前に落ち着きたい」だー!?
そんな、落ち着いてどうするんだ!?
前に進まなきゃ。立ち止まったら、そこで終わりだよ。

いや、立ち止まっていいんだよ。
環境が変われば人も変わる。これまでとは違った自分をみつけられるかもしれない。
今までの部門にいてはやれなかったことが、新しい部門でやれるかもしれない
(新しいところはそれだけで大きなエネルギーをくれるから)。
現状を変えていく能力が足りないことを学んだんだから、学習すればいい。
そして次のところで生かせばいい。

異動できるのか、できないのか分からないけど、異動を希望した今、私の脳内は
前向きと後ろ向きの思いがシーソーしてます。


もっと文章上手く書きたいなー。ちゃんと整理して書くべきだけど・・・

先週と今週、土日は大怪獣がちび怪獣を連れてスキーに行ってくれているので、
母は家の掃除と、のんびり自分の時間を満喫しております。
大怪獣、謝謝。
  1. 2010/03/14(日) 17:54:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと早くに言ってくれたら・・・

話が進まないので、部長に直接お願いすることにした。
海外出張の合間をぬって時間を作ってもらった。

部長は組織変更のたびに、上司になったり、上司でなくなったりして
7,8年前からお世話になってる方だ。

今回、他部門への異動希望の話をすると、
「今の部門に必要な人材だ。考え直せないか?」
と言ってもらった。嬉しかった。

でも、自分の中で異動を決めたこのタイミングではなく、
もっと早くに言ってくれていたら、異動なんて希望しなかったと思う。
普段、仕事をしている時、期待してくれている上司がいると
ちょっとキツイ仕事でも、頑張ってみようと思える。
期待してくれていることをもっと上司の人は部下に伝える
べきだと思う。上司の方は、ちょっとした一言でいい、
この人のためならやってやろうと思わせてくれる言葉をかけて下さい。

私は育児休暇から復帰してから、この5年ほど、期待されている
ということを感じることはなかった。
自分が成長している感もないし、自分の業務が会社や上司の
役に立っているとも思えず、やる気も自信も無くなっていった。

異動の意思は変わらないことを伝えると、部門内で話をしておくと
言ってもらえた。おそらく、異動できるだろう。
「必要な人材」と言ってもらえたことを胸に、新しい部門でも
頑張っていこうと思った。
  1. 2010/03/12(金) 23:51:15|
  2. 仕事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動き出した、つもり。
大怪獣の勤務地近くの知り合いに事情を話、人を欲しがってないか探ってもらった。
その人は親切な方で、私を受け入れてもらえるようにまで手配してくれた。

なのに…
うちの上司が動いてくれない。会社の状況も分かるので、全て上司が悪いわけではないが、この話が無くなれば、もとの鞘には戻れず、何処へ飛ばされるか分からないことになってしまう。

私の話すタイミングが悪かったと言われれば、それまで。
会社という大きな組織の中で、小さな個人は、従順であるしかないのか?もちろん、そんなはずはないのだけど、何処までが許容されるのか?言った者勝ちのような話を聞くと、タイミングが悪かっただけでは納得できない気分なのだ。

今は、ちび怪獣が小学生になるまでに落ち着きたいという思いだけかなぁ。
  1. 2010/03/10(水) 14:39:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

曲げられない女

日本テレビの水曜ドラマ。菅野美穂が主演してるやつ。ちょっと事情は違うけど、そんな気持ちなのです。

振られた仕事は直ぐに対応。
自分のところで仕事が止まっているなんて許せない。
評価される仕事がしたい。
仕事を通して成長したい。
こうと決めたらなかなか曲げられない。頑固なのです。
でも、ちっちゃなことにこだわっているような気がしてきて…
もっと『ゆるく』生きれればいいのかなぁ。
でも『ゆるい』自分は自分じゃないし。

昔(学生の頃)から自分の生き方は"かっこよく"だった。自分の中に理想のかっこいい自分の姿があり、そこから外れることは許せない。かっこいい自分は結果(成果)をだす。その為にどんな努力もする自分。努力しないで出来ることなんて無い。

最近、ちゃんと努力してたか?

大怪獣に言われた。
「文句言ってるだけで、動いてないやん。」
お前に言われたくなーい!と思ったし、その場では「やってる」と反論したけど、本当にやってるか?これ以上出来ないだけやってるか?

まだまだモヤモヤするけど、これ以上出来ないと言えるだけ努力してみることにしよう。
  1. 2010/03/01(月) 14:20:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。