ちび怪獣と大怪獣

子育てしてても男並に仕事がしたい母のお仕事事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハツコイ?

その先生が早出のときは、保育園に着いたときのちび怪獣の動き、しゃべり、声の質までが違う!!

確かにかわいい保育士さんなのだ。若いし。

だいたい毎日ちび怪獣は朝出かける時に、お気に入りのミニカーを持って出る。「家に置いといて」と言っても聞かない。保育園には個人のおもちゃは持っていってはいけないので、保育園の部屋に入ったら、「ないないしとくから、ちょうだい」と言うが、まあ、素直に渡してくれるのは、まれ。大概は無理やり奪い取る。ちび怪獣はぎゃーと反り返るが、先生がなだめてくれる・・・といった感じだ。

ところが、そのかわいい先生の時は違う。
先生「おもちゃはお母さんに渡しておいで」
ちび「はーい!」走ってやってきて、母におもちゃを渡すと、
  また走って先生のところへ戻って、抱っこ!
  「ないないしたー!」  この早いこと。
更に声が1オクターブ高い。まさしくこれは恋ですな。ちび怪獣にとっては初恋。実らぬ恋ですが、見守ってあげましょう。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/15(木) 12:27:41|
  2. 保育園ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寒梅 | ホーム | アカデミック独身気分>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tibi2.blog18.fc2.com/tb.php/110-321f81f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。